降偉の祭儀場跡 :: DRAFT

Lore

かつてアヴルールとはその系譜を違える異神を
崇拝していた教団が儀式を行っていた祭儀場。
教団の衰退と共に忘れられて行った場所だが、
近年怪しいローブ姿の一団が出入りするようになった。

モンスターリスト

背徳の広間

モンスター名
Literal
解釈
キャリアー キャリアー Carrier 保菌者
ネクロワード ネクロワード Necro Ward necro: [連結詞] 死
ward: 病棟

解釈:死の病棟
トードファミリア トードファミリア Toad Familiar toad: ヒキガエル
familiar: 使い魔

解釈:使い魔のカエル
イグゾースト イグゾースト Exhaust ガスとみなすならば:排気
排出する装置をみなすならば:排気装置
ベイクドボディ ベイクドボディ Baked Body baked: 焼かれた
body: 肉体
クラッシャー クラッシャー Crusher 押しつぶす人 または 警官
クリプトレイダー クリプトレイダー Crypt Raider crypt: 納骨用地下室
raider: 乗っ取り屋 または 抜き打ち捜査する警官

遺跡の乗っ取り屋と崩壊した石などを破壊するクラッシャーと考えるか、遺跡の侵入者に対する警官(的な役割を果たす人)とも考えることもできる。
シュリーキングヘッド シュリーキングヘッド Shrieking Head shriek: 金切り声
head: 頭部

解釈:金切り声を発している頭部
ホーント ホーント Haunt 幽霊
狂信者 イノヴェルチ狂信者 InovercheFanatic inoverche: [露] иноверец の音訳?
иноверец: 異端者
リビングオーラ Rare Creature リビングオーラ Living Aura living: 生きている
aura: オーラ(独特の雰囲気)
アンノウンシンク Unique Creature 招かれざる脅威アンノウンシンク Unwelcome ThreatUnknown Sync unknown: 未確認の
sync: 調和
チルアウト 1st Guardian's Gate チルアウト Chill Out <熟語>
chill out: 落ちつける時(場所)
モルグプラント 2nd Guardian's Gate 死体の守護者モルグプラント Corpse GuardianMorgue Plant morgue: 死体置き場
plant: 植物
モルグチーフ 2nd Guardian's Gate モルグチーフ Morgue Chief morgue: 死体置き場
chief: 所長
ヘクスコルセア 3rd Guardian's Gate ヘクスコルセア Hex Corsair hex: 呪い
corsair: 海賊

解釈:呪いの海賊
ヘクスウルフ 3rd Guardian's Gate ヘクスウルフ Hex Wolf hex: 呪い
wolf: オオカミ

解釈:呪いのオオカミ
ヘクスピクシー 3rd Guardian's Gate ヘクスピクシー Hex Pixie hex: 呪い
pixie: 小さな妖精

解釈:呪いのピクシー
ダークテンプター 4th Guardian's Gate 闇へ誘う者ダークテンプター Dark Tempter dakr: 暗闇の
tempter: 悪魔
アデルガード 4th/5th Guardian's Gate アデルガード Adel Guard guard: 護衛

血塗られた儀式の間

モンスター名
Literal
解釈
キャリアー キャリアー Carrier 保菌者
ネクロワード ネクロワード Necro Ward necro: [連結詞] 死
ward: 病棟

解釈:死の病棟
グレイウーズ グレイウーズ Grey Ooze gray: 灰色の
ooze: 滲出しんしゅつ物;液体が内部からにじみ出るもの
修道士 イノヴェルチ修道士 InovercheMonk inoverche: [露] иноверец の音訳?
иноверец: 異端者
グランデヴィル グランデヴィル Grand Devil grand: 壮大な
devil: 悪魔

解釈:大悪魔
レイス レイス Wraith 生霊
ネザーレジデント ネザーレジデント Nether Resident nether: 地下の
resident: 居住者
ミネットガード ミネットガード Minette Guard guard: 護衛
リネットガード リネットガード Linette Guard guard: 護衛
デーモンアデル 5th Guardian's Gate 古代の暴君デーモンアデル Ancient TyrantDemon Adel demon: 残忍な人
Adel: アデル(人名)
古高ドイツ語で adel は「高貴な」という意味

解釈:悪魔と化したアデル
アデルガード 4th/5th Guardian's Gate アデルガード Adel Guard guard: 護衛

クエスト受注

第2章プロローグ

026. アラハゥイの戯言

アラハゥイ おや、これはこれは。
街は貴方の噂で持ち切りですよ、ええ。
なんでも【ゼロ】より先に仕事をこなしたとか。
あの「生ける伝説」の先手を打つことはすごいことです。
おや? なぜ【ゼロ】がいたのか理解していない?
魔法局は貴方の他にも【ゼロ】に依頼を出したのです。
まあ、伝説の悪名高き魔女、シャーデの名を聞いて
おくしてのことでしょうがね。
肝の小さいことですな。
私が言えた義理ではありませんが
二重依頼というのは、あまり関心しませんな。
クククク……。
それにしてもあなたに対する見解を改めなければ。
ゼロ】を出し抜くとは、賛美に値します。
いえ、ね……彼とは知らない間柄ではないのでね。
ああ、そうそう。
魔女シャーデを名乗る女がサンジェント遺跡周辺に
出没するとかしないとか。
そちらの方に行くのならお気をつけ下さい。
あの遺跡近辺で神隠しが頻発しているとのことですが、
そればかりではないのです。
アヴルール以外の神を崇拝している邪教徒が
サンジェント遺跡に住み着いているそうなのでね。 信じる者は救われるとよく聞きますが……。
はてさて、救いの手を差し伸べるほどに
神は人を愛しているのかどうか……
クククク……。

027. 神隠し編 イントロダクション

冒険者の手により旧地下水路の遺跡から持ち帰られた謎の破片は、
かつてアザルス大陸支配をもくろんだ漆黒の魔女シャーデを、
迷宮に封印していたとされている神剣ハルシアの破片だと判明する。 この神剣の特殊能力は魔法効果を消し去ることであり、
魔力消失(マナ・ロスト)に深く関わっているものと考えられた。 そして皮肉にもシャーデがハルシアの破片を集めたことによって
首都アイトックス並び、港町イルファーロ付近の魔力消失事件は、
一応の落ち着きを見せる。 そんな最中、魔力消失事件とは別に
、 人が消えるという事件が起きるようになった。
忽然こつぜんと人が消える……「神隠し事件」の始まりだった。 アイトックスの北西に位置するサンジェント遺跡近くの集落で
事件は頻発しており、「神隠し」が起こる直前には
奇妙な魔獣が現れるとも噂される。 また、サンジェント遺跡周辺では、
漆黒の美女と三人の異形たちの姿も確認されている。
何か企みがあることに間違いないはずだが、
彼女らの目的も以前、不明のままであった……

エレシェ おーい! キミ、キミ! こっち、こっち!
キミ、すごいじゃない!
旧地下水路の件ではキミの話題で持ちきりよ。
がんばってるじゃない。
港町イルファーロ周辺の魔力消失事件も
落ち着いてきたみたいだし、それに大きく関わった
キミの評判はうなぎのぼりよ。
最近は「神隠し」なんて物騒な事件が
起こり始めたようだし、そのうちその辺の依頼も
キミ宛に来るかもしれないわね。
それはそうと、ドルクさんがキミのことを呼んでこいって。
キミにご指名で依頼が来ているそうよ。
とりあえず、伝えることは伝えたからね。
あ、そうそう。
キミ、旧地下水路でも【ゼロ】に会ったんだよね?
キミばかり出会えていてずるいわよ!
私も仕事の合間を見て探しに行ってるのに……。
……よし、良いこと思いついたわ!
キミ、ドルクさんの用事が済んだら、
後で私のところに来てよ。
わざわざ呼びにきたんだから、
それぐらいしてくれてもいいよね?
それじゃ、よろしく頼んだわよ。

冒険者ギルドのドルクに会いに行きましょう。

ダンジョン攻略

背徳の広間

(タイトル不詳:イベントリプレイ対象外)

(セリフ無し)

(タイトル不詳:イベントリプレイ対象外)

(セリフ無し)

(タイトル不詳:イベントリプレイ対象外)

(セリフ無し)

血塗られた儀式の間

(タイトル不詳:イベントリプレイ対象外)

シャーデ あら、あなたでよかったわ。
ゼロ】だったら面倒だと思っていたのよ。

シャーデにハルシアの破片を集める目的を問いた。

シャーデ ……ストレートね。普段ならそうゆう口を聞く阿呆は
問答無用で灰にしてやるんだけど…… いいわ。
ここでやることは済ませたから
少し話しに付き合ってあげる。
176 年間も私は迷宮に閉じ込めてきた
魔法の力をすべて奪い取る神器ハルシアの剣……
そのせいでずっと迷宮の奥底から出られなかったの。
そのハルシアの剣はバラバラに砕かれ
アザルス大陸にばらまかれた。
ハルシアの剣が失われ私は解放されるはずだった……
だけど、出られたのはご覧の通り魂だけ。
私の愛しい肉体はまだ永久隔壁の向こう側よ。
魂だけになってこの小娘に取りいた私は
かつてのしもべであったあの三人を蘇らせたわ。
魔力を失った私を迷宮の外に連れ出す役目としてね。
ハルシアの破片をすべて集めて、再び元の剣に戻せば
永久隔壁を開くことが出来る。
そして迷宮の奥底に眠る私の本当の肉体を取り戻す……
今この小娘に取りいている私は無力。
あなたでも簡単に魔女シャーデを殺せるわよ?
このルーシェという小娘ごと殺すことになるけどね!
まぁ、どのみち私が復活したらこの世界は破滅されるから
短い平穏な日々を満喫することね。